食べたり飲んだり

お越し頂きありがとうございます。食べる事が大好きです。美味しいお店も教えて下さいね!特にコスパの良いお店大歓迎です!よろしくお願いします。

千林の古民家で味わう!おもちcafe&バル「柳屋」

千林商店街に、創業80年余、大阪鶴橋「お染餅」の和菓子が食べられる、
茶店とバルがコラボしたお店が誕生しました!

IMG_3205
おもちcafe&バル「柳屋」。

お店は元々3軒長屋の真ん中にあった、お寿司屋さんを改造されたもの。
長屋作りを生かして古民家の和の世界が再現され、
お店のいたる所に、書院や欄間が上手く使われていますよ~。

IMG_2292
天井を回っているのはダルトン社(米国)のシーリングファンです。

スタイリッシュな新しい風も取り入れておられます!
壁の欄間と一緒に和洋折衷、おしゃれな息吹も吹き込まれている2階です。
美味しい料理だけでなく、すてきな空間も演出されています。

 

IMG_3192
いちご大福とかのこの和菓子セット(和菓子1個or2個)を注文しました。

IMG_3197
抹茶オレセット(アイス)。ドリンク付きで650円です。
コーヒーとミルクに、お抹茶が入っていて、
爽やかな色と初めて飲む感覚のお味です。

こちらのお店は、17時までのランチ、そしてアルコールも飲めるバルにもなります。

倉の扉、書院造、欄間のある古民家の空間でホッと一息ついて、
明日への活力を蓄えて、さあレッツゴー!!

次回はランチに来ようっと♪

柳屋和菓子 / 千林駅千林大宮駅森小路駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0

和ビストロ いのせんす!!

今回ご紹介するのは、京阪守口市駅西出口を出てすぐのところにある
「“和” Bistro いのせんす!!」。

今はランチされてなく夜のみです。

美味しいお料理を作られる店主です。

天然のハマチと鶏肉を揚げた甘酢あんかけです。
新鮮な食材なので、柔らかで美味しいです。
ご飯は福井のコシヒカリ、お味噌汁はカツオと昆布でとった出汁に、
たっぷりのお野菜や豆腐が入っています。

IMG_3554
良いカツオがなかったら商品として提供されません。

店主自ら買い付けに行かれ、素材の一番美味しい時期に、素材に合った調理法で作る!
それが「いのせんす」のA(当たり前の事を)、B(馬鹿みたいに)、C(ちゃんとする)、なんですって。

お客様とのトークも大切にされながら、テキパキと料理を作る店主です。
人気メニューは、井上家のオムレツ(ご主人の実家のお味)、
イノセンスサラダ、アボカド蓮根、マグロのレアフライなどなど…い~っぱいあります。

じつは店主と奥様は利き酒師なのです。
季節によっておすすめの銘柄も変わってきます。
何を飲んでいいかわからない?
そんな時は、気さくな店主と奥様に相談すれば、お料理に合うお酒も楽しめますよ!

IMG_3554

 

IMG_3554
とても居心地のいいお店で、毎日通って来られる近くの病院の先生、
会社員、主婦などでにぎわってます。
次回は友達と、夜の宴会に来たいと思います!IMG_3554

和ビストロ いのせんす!!居酒屋 / 守口市駅守口駅土居駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0

シュートリュフが大人気!パティスリー「フリアン(friand)」

約半世紀もの間、地元寝屋川に溶け込んでいるケーキ屋さん、
パティスリー「フリアン(friand)」。
ふ7

 

 

666できるのは限り価格を抑え、より美味しいものを提供して、
気軽に入れるお店を目指しておられるそうです。

 

私の大好きな「シュートリュフ」162円。

773
マンゴー&パッションフルーツ入りの「シュートリュフトロピコ」173円。

662
きなこ、黒蜜やホワイトチョコを使った「和(なごみ)」173円。
上記の3つのシュークリームは、年間20万個を売り上げる大人気商品。
ほかの種類のシュークリームや、ケーキなど、人気商品が多数並んでいます。

寝屋川の民話をモチーフにした鉢かづきのマドレーヌ(194円)は、
中からドライフルーツが出てきます。

223

 

買い物帰りに、フラッと気軽に立ち寄れるお店です!

パティスリー・フリアンケーキ / 寝屋川市駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0

寝屋川産青ジソを使った芸術作品のような和菓子「一力総本店」

和菓子屋「一力総本店」は、季節感いっぱいのお店です。

京阪寝屋川市駅から、歩いてすぐ。
お店には、秋の気配があふれる和菓子が並んでいます。

P1080539

季節感あふれる店先です

「一力総本店」は、創業およそ120年。
4代目の店主と和菓子職人さんが、芸術作品のような和菓子を作っておられます。
寝屋川産の青ジソやサツマイモなどを使った地域密着型のお店です。

IMG_7669
青ジソを使ったゼリー「大葉の里」153円

寝屋川の青ジソを使ったゼリー「大葉の里」は、青ジソの香りがさわやか。

IMG_7666

2匹のウサギが愛らしい、創作和菓子「お月見うさぎ」680円
老舗でありながら、若い職人さんの意見も取り入れられ、
目を見張る素敵な和菓子が、次々と生まれています。

IMG_7759

青ジソを使った最中「ねがい」170円
「ねがい」は、青ジソ餡の最中。緑色がきれいです。

IMG_7677

「DORAらすく」 10袋20枚入り900円

どら焼きの形をした「DORAらすく」は、サクサクとした焼き菓子。
可愛いくて、手土産にもなりますね。

IMG_7679

和サブレ 500円、和ころん 500円

和サブレは、醤油、ごまの香ばしさと九条ねぎの風味が楽しめる和風のサブレ。
和コロンは、香ばしいきな粉が、口の中に広がってとろけるような食感です。

食欲の秋、「花より団子!」の季節です。
目で楽しみ、口で味わう、「一力総本店」さんの和菓子。
お店では進物用の箱も、季節によって変わります。
四季を味わいに、四季を楽しみに変えてくれる和菓子屋さんです。

一力総本店和菓子 / 寝屋川市駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0

とろ~りおいしい、千林ぷりんを食べて! お菓子工房「リスボン」千林店

“大阪のおばちゃん”で有名な千林商店街にある、
おしゃれなお菓子工房「リスボン」を紹介します。

IMG_7970

一押しの「千林ぷりん」220円は3種類!
一番のお勧めは、「千林ぷりん」220円。
カスタード、メープル、生チョコの三種があります。
卵黄と生クリームをタップリ使ったこのプリン、
とろ~りとした食感で、下層部のプリンにスプーンを入れると、
上層部の生クリームも一緒にすくえて、おいしい味のハーモニーが口の中に広がります。
原料にも、こだわりが。
沖縄のきび砂糖が、くどくない甘さの秘訣だそうです。
これは、もうやみつきになりそう!!

季節感いっぱいのケーキが並ぶショーウィンドーでは、モンブラン系も人気です。

IMG_7960

こちらは季節限定の「紫いもモンブラン」 360円

IMG_7939

「北海道えびすかぼちゃのクリームチーズモンブラン」 310円

IMG_7949

栗が粒ごと載った「カフェリーヌ」 310円

サツマイモやカボチャ、栗など、旬の素材が使われていて、
食べるのが、もったいないほどおシャレなケーキがいっぱいです。

IMG_7941

メロンがどっさり「メロンのおやま」 380円
メロンがこぼれ落ちそうな「メロンのおやま」からも目が離せません……。
素材を最大限に生かした、たくさんのケーキ、選ぶ楽しみに満ちています。

お菓子工房「リスボン」のコンセプトは、
「地域の皆さんに愛され、価格も抑えめで、いつでも気軽に買いに来られるお店」。
パティシエ3兄弟から始まり、今の2代目もパティシエで、
約30年、千林で愛され続けているお店です。

IMG_7953

他にも、パイシュー、デコレーションケーキ、純生ロール、
焼き菓子、焼きドーナツはじめ、たくさんの自家製のお菓子が並んでいます。
まさに、お菓子工房ですね。

季節を感じ、目で楽しみ、口で味わう!
お菓子工房「リスボン」に、お気に入りを見つけに来てくださいね☆</p

リスボン 千林店ケーキ / 千林大宮駅千林駅森小路駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

>

ピリ辛台湾ラーメンでほっこり、お得ランチで本場の味を! 中国食府「双龍居」天満駅前店

ランチは、たくさんの人でにぎわい、夜も予約が取りにくい、
大人気の中国料理店が、中国食府「双龍居(ソウリュウキョ)」です。

JR天満駅前ビルに3年前、天満駅前店がオープンしました。
ビルの1~4階まで、約180席ありますが、夜の予約は1週間先でないと取れないそう。

今回は、ランチを食べに行きました。

IMG_8070

台湾ラーメン定食(800円)

台湾ラーメン定食は、日替わりのサラダと小皿とドリンク付き。
ご飯は1回お代わりできて800円。

スタッフから、台湾ラーメンのもう一つの食べ方を教えてもらいました。
麺の上のひき肉を、半分、ご飯にかけるというもの。
ピリ辛野菜入りひき肉と、ご飯がぴったりの相性で、ナイスな取り合わせです♪

他にも、四川省から取り寄せた山椒を使ったマーボー豆腐もお勧め。
山椒が舌の上でピリリとしびれる辛さが、病みつきになりそう。

IMG_8065

小海老と豆腐のうま煮定食(800円)

小海老と豆腐のうま煮定食も、タップリの量で美味しいです。
ドリンク付き、ご飯1回お代わり自由、サラダ、一品、蒸し物は日替わりです。

IMG_8074

ランチの後のコーヒーはアイスかホットを選べます。親切で笑顔が素敵なオーナーです。

IMG_8455

こちらは2階席です。

IMG_8449

環状線天満駅からすぐのところです。

手軽に本格的な中国料理を味わうことができる「双龍居」は、癖になるお味が満載。
それもそのはず、料理は中国五ツ星ホテルのシェフが作っています。
中国人のコックも11人いて、腕を振るっているそうです。

また、食材も安全安心にこだわり、ほとんどが日本産だそう。
日本にない食材(四川省の山椒、フクロウタケ…)のみ、中国産を使っているとか。

メニューだけでも200種類を超えますが、
メニューに無い料理も、お客さんのリクエストに応じて作ってくれます。
「中国出張で食べた味が忘れられない」とリクエストする人もいるそう。
天満界隈で、幅広い人達に愛されているお店です。

次回は、夜のコースを予約して食べに行く予定です。

中国食府 双龍居 天満駅前店中華料理 / 天満駅扇町駅天神橋筋六丁目駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

思い出はアイスモナカと共に! 本町「ゼー六」

アイスクリームの「ゼー六」。

 

 P1060868

 堺筋本町にある、行列のできる老舗です。

 

老若男女問わず、幅広い年代層から愛されているアイスモナカ屋さんです。

昭和初期にアイスクリーム販売を開始され、

今も創業の地で、サッパリと美味しいアイスモナカを製造販売されています。

大正2年の創業で、当時はお菓子(おせんべい)屋さんだったそうです。

 

P1060884

1個100円のアイスモナカです。

 

昭和初期は1個5銭で、うどん1杯とほぼ同額の高級品だったそうです。

 

「ゼー六」と彫られたアイスモナカの型は、刀の鍔(つば)を作る職人が作ったそうで、

その鍔のような形になっています。

大阪の食に関する本や、雑誌にもよく登場するゼー六さんですが、

最近では、大阪を舞台にした万城目学さんの小説「プリンセス トヨトミ」にも登場。

 

販売する分だけを作る昔ながらの製法で、大量生産はされません。

「甘ったるくなくサッパリとしたアイスモナカ」の味を守っておられます。

アイスは日を置いたら甘みが増してしまい、微妙な食感も壊れるので、

伝統の味を守るために、地方発送も、予約も受け付けておられません。

 

P1060885

コーヒーは200円。

 

低価格ながら、香り高く美味しいのです。

店主自らが焙煎したコーヒーで、「手間がサービスです!」と、笑顔で語られます。

 

 お客様が描かれた絵や有名人の色紙が飾られてます。

2

レトロ感漂う店内には、お客様が描かれた絵や、有名人の色紙も飾られています。

 

P1060879

懐かしい黒電話も活躍中!

 

ご親族で営業されている「ゼー六」はアットホームな雰囲気で、

今も愛され続けている、アイスモナカの原点を見た気がします。

オフィス街にある「ゼー六」に、若かりしころ通ったというご年配の方も、

当時を懐かしんで買いに来られます。

食欲不振の方も栄養源として買われる人もいるそうです。

たくさんの人の思い出の中に生き続けている「ゼー六」のアイスモナカ、

これからもずっと守り続けられるこの味を、私もじっくりかみしめました!

ゼー六 本町店喫茶店 / 堺筋本町駅谷町四丁目駅本町駅
昼総合点★★★★ 4.0